機材規制について

キャラ☆ステで行なっている機材規制について改めてご説明します。

主に一般参加/カメラマン参加の方が対象になると思いますので、熟読をお願いします。

意図

まずこれまでほとんど行ってこなかった機材規制をどうして行うのかの理由をお話すると、通路や場所を占有して通行の妨げになったり、三脚などをそのままに撮影者がどこかに行ってしまい、撮影スペースの占有が多数目に付くようになったからです。

通路や撮影スペースの確保のためにこの規制を行うことになりました。

だから室内でのストロボ・レフ板・アンブレラ固定用の三脚のみならず、通路や場所を占有したり、撮影スペースを専有する可能性のあるものはすべて規制の対象とします。

使えないもの

室内でのストロボ・レフ板・アンブレラ固定用の三脚

22845_mih_lstand01_3

上記機材が利用できません。

ただし、この制限は室内でのみの制限となります。屋外で利用される場合はこの限りではありません。

使えるもの

手持ちのレフ板・直置きのストロボ

41TAy+Lgq6L

手持ちでレフ板を使ってもらっても構いません。

三脚を使わずにストロボを直に床において使ってもらっても構いません。直置きであれば三脚よりも通行の妨げにならないだろうと考えてのことです。

ただしストロボを蹴り飛ばされても当委員会では責任を負いかねますのでご注意ください。

またストロボは手持ち、他人に持って貰ったりして使うことはできます。繰り返しになりますが、場所を占有したりしなければ問題はありません。

カメラ固定用の三脚

カメラ三脚

集合を撮る時など、カメラを三脚に固定して撮影しても大丈夫です。

カメラであれば放置されることはないであろうと予想されることと、全員の集合を撮るときに困ることがあるため、規制の対象外とさせていただきました。

 

当然のことながら、三脚じゃなければ使っていいというわけではありません。

今回はたまたま三脚が対象となりましたが、通路を塞いだり、場所を専有したりする機材や行為が目に付くようであれば、今度はそれが規制の対象となってしまうでしょう。

 

要するに、通路を塞いだり、場所を専有することがなければ問題はないと思っておいてください。

キャラステージ実行委員会では参加者の皆さんに快適な撮影環境を提供できるよう努力していきます。