キャラ☆ステ

What we post and publish is awesome!

建物や機材は傷ませないように、そっと使うのがイベントでのたしなみ。

みっくです。

今回はちょっと面白くないけれども大切なお話です。

みんな大好き石川ハイテク交流センターさんより建物の使用に関して注意がありました。

備え付けのテーブルなどを、もっと優しく使ってくれ

とのことです。

人が大勢集まれば建物が痛むのは仕方がない話ですが、普通の痛み方ではない傷は問題です。

例えば・・・

薬品をかけたような跡。おそらく除光液で拭いた跡ではないかと。

次はこちら

机の上に残る、固いものを置いたような、引きずったような跡。

一つの机ではなく、あちこちの机に散見されます。

 

実はこういったクレームは初めてではありません。

 

薬品の跡はきっと

「サロンスペースでのメイクを禁止」

してしまえば済む問題ですし、

机の傷にしても

「持ち物の持ち込み禁止」「サロンスペースの使用禁止」

としてしまえば回避できる問題です。

ですが どんどん禁止事項の多い、窮屈なイベントになっていってしまいます。

 

そんなイベント、嫌なんですよね。

 

キャラ☆ステと他のイベント団体さんとの大きな違いは規制の緩さだと思っています。よく言えば参加者の自主性にお任せしている、悪く言えば放置気味なんですが・・。

 

皆さん一から十まで説明しないといけない子供でもないでしょうし、自分の行いが周囲に与える影響を考えられない歳でもないと思ってのことです。

そのかわり監視される気分を味わうことなくのびのびとイベントに参加して楽しんでいただけているのではないか、と自負しています。

 

きちんと規制しようと思えば、スタッフを各所に立たせて常に監視の目を光らせておけば済む話なんですが、そんな監視されているようなイベント、楽しいですか?楽しめますか?

コストを掛けて、楽しくない雰囲気にして、結局だれも得をするわけではありません。

 

個人のマナーが悪ければそのグループのマナーが悪いと認識され、そのグループのマナーが悪ければその属性のマナーが悪いと認識されてしまいます。その属性の人達の数が社会的に少ないと周りから理解されにくく、周囲から敬遠されたり、迫害に繋がっちゃったりするわけですね。

オタク趣味が肩身の狭い思いをするのはよくある話ですが、自分たちでその種を撒くようなことは避けたいものです。

無用な規制を敷くことのないよう、皆さんのご協力をお願いします。

お問い合わせ