キャラ☆ステ

What we post and publish is awesome!

キャラ☆ステ#(しゃーぷっ) Vol.14(3月度)イベントレポート

みっくです。

キャラ☆ステ#(しゃーぷっ) Vol.14(3月度)終了しました。

今回の参加者数は213名でした。久しぶりの参加者数200名オーバー。さらに午後から天候が崩れて降ったり晴れたり降ったり降ったりの天気で外に出ることができず、室内での撮影を余儀なくされたため大変混雑してしまいました。

参加された皆さん、寒い中お疲れさまでした。

さて、今回事後報告になってしまう出来事がありました。北國新聞社 アクタスさんの取材があったことです。

実はアクタスさんからは事前にメールを頂いていたのですが、一つ前のエントリーにも書いたとおり、@chara-stage.com宛のメールが全て迷惑メール扱いになっており、取材の申し出がこちらで全く認識できていませんでした。そのため突然の取材となってしまい、事前に参加者の皆さんにご連絡することができませんでした。

アクタスさんにはこのイベントの主旨や参加者の方々の要望を伝えました。取材の主旨を話し理解してもらえた上で取材に応じてもらえるようであれば構わないと、取材に入ってもらいました。

もしも、その時は取材に応じたけれども、やはり断りたいという方がいたらmain@chara-stage.comまで連絡ください。代わりにその旨をアクタスさんにお伝えします。

 

ここからは独り言です。

一般人に目立つようなことをされたくないという参加者の意を汲めば、一般雑誌の取材は受ける理由はなく断りを入れるところです。じゃあなんで受けたんだといわれると、一般雑誌に取材されていた方が施設側の人間の受けがいいためです。施設を借りる交渉をするときなどに、一般紙に載っていると話が通りやすいんです。どういったイベントなのかを説明するときに、コスプレのイベントといえば奇異な目を向けられ、衣装の撮影会といえば不審な目を向けられるのは鬱陶しくてかないません。

それなら掲載された記事を見せてしまった方が、説明不要で納得してもらえて便利なんです。田舎の人は権威に弱いですからねぇ・・・。

そういった意味では、参加者の方々をダシに使ってしまっている面があることは否定できません。

いずれにせよ、事前にお知らせしておいた方がよかったことに変わりはないです。これは環境のよい会場をゲットすることでお返しできればいいなぁ、と思っています。

 

さて本題に戻りますね。

恒例、今回頂いた差し入れ

DSCF1795

ブラックサンダー・・・じゃないんですね。

スタッフ一同みんなチョコが大好きです。ヽ(´∀`)ノ

DSCF1796

差し入れありがとうございました。

そして今回の忘れ物。

DSCF1800

心当たりのある方は投稿フォームよりお知らせ下さい。

次回のイベントはおいでよ!キャラ☆ステの森。会場を湯涌創作の森に移しての開催となります。もう4月だぜ・・・寒くないといいな。

 

P.S.

ずいぶん前にメールいただいたNさん。迷惑メール扱いで気付きませんでした。できればもう一度メールいただけませんか?ゴメンなさい。

お問い合わせ