キャラ☆ステ

What we post and publish is awesome!

撮り溜めた写真の管理方法:Picasa3を使ってみよう!

みっくです。

皆さん、イベントや撮影会でどれくらいの枚数の写真を撮りますか?ぼくの場合イベントの時は2?3GB、撮影会やロケだとMAX8GB×3枚ほど撮ります。

レタッチしたあと、その写真をレイヤーさん達に送っているのですが、もらった写真のダウンロードの仕方がわからないという声が最近耳に入りまして。これはいけませんとばかりにこうしてサイトを更新してみました。

ぼくの写真配布方法はレタッチした写真を「Picasa ウェブアルバム」にアップし、そのアドレスを送るという方法です。管理上の問題なのですが、アップロードと管理と配布が一度に行えてしまうため、この方法を好んで取っています。

実はこの配布方法だと、受け取った人も便利なことがあります。それは、ダウンロードが簡単にできるというメリットです。

Picasa1

送ってきたアドレスを開いた人は、こんな画面が見えると思います。これはPicasa ウェブアルバムのアルバムを開いた画面です。

この画面に「ダウンロード」って見えますよね?

アルバムの中の、さらに一つ一つの写真を開いてもこのダウンロードは表示されているのですが、写真一枚を開いているときのダウンロード対象はその写真のみ、この画面のようにアルバム全体を表示しているときのダウンロード対象はアルバム全体になります。つまりボタン一つでアルバム全部を取り込んでしまうことができるわけです。便利でしょ?

Picasa2

ダウンロードをクリックしたらプルダウンメニューで「Picasaにダウンロード」と表示されるので、それをクリック。

picasa3

そしたら、このようなダイアログが出てきて写真をアルバム単位で全てダウンロードできてしまいます。すごい!簡単!気持ちいい!

でも残念ながらこの機能、ソフトウェアのPicasaを入れていないと使えないようなのです。Picasaをインストールしていないと、ウェブアルバムを開いたときに「Picasaにダウンロード」が押せないはずです。

で・・・

写真を楽に閲覧管理したい、本格的ではなくとも手軽にレタッチしたい、そんなあなたに今回ご紹介するのはこちらのソフト!(ノリはテレビショッピングで)

Picasa3です。

20081218_183000

http://picasa.google.co.jp/

ダウンロードはここからできます。Google提供ですので、当然フリーです。素晴らしい。閲覧ソフトとしても入れておいて損はありません。

このソフトの優れたところは、ソフトウェアであるPicasaと、ウェブの無料スペースであるPicasaウェブアルバムが連動しているところにあります。アップするときも、アルバムを選んでアップロードボタン一つでウェブアルバムに写真がアップされてしまいます。

う?ん、シームレス。

PicasaウェブアルバムはGoogleのアカウントを取っていれば誰でも1GBを無料で使うことができます。1GBあればほとんどの写真をアップして自分のアルバムとして使うこともできますし、他の人に渡すときのスペースとして使うこともできるので大変便利です。

容量が足りなければ追加することもできますが、20GB追加するのに年間5ドル(!)と大変安価です。

露出補正なんかの簡単なレタッチもできちゃいますし、タグで管理することもできますし、人の顔(!)で管理することもできます。Aさんでまとめてアルバムにしてしまえば、AさんにはそのアルバムのURLを送るだけで配布完了です。とにかく一度使ってみてくださいよっ。便利だから。

べ、別にGoogleの回し者じゃないんだからねっ!

どちらかというと、今後も写真を配布するときにPicasaを使えたら便利だなぁということで、説明書代わりに書いてみました。

ではでは?

 


2012年4月末日追記

GoogleがGoogle+のサービス展開とともにPicasa webもGoogle+の「写真」と共通化してきたようです。

現状ではどちらのサービスも残ってしまっていて、完全に統合されていないようで使い勝手が悪くなってますね・・・。Google+からだとまとめてダウンロードできないみたいだし。

Google先生早く対策して!

お問い合わせ